· 北京筆記本 手話
2017.09│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30
北京から帰ってきましたが、がんばって細々と続けます。 よろしくお願いいたします。
2017年07月23日 (Sun)
毎週数回関内に通うのが、
足に負担になり、春から近くの教会に移りました。
でも月2回の手話で賛美、、のクラスは
ときどき休みながらも関内まで通っています。



       これおいしいっていう手話です(笑)
 

今では総勢10人、5人がクリスチャン(5人とも違う教会)あとの5人は手話賛美に魅せられた
手話の講習会で出会ったともだち。
手話べりというお菓子を食べながら手話で話をする時間も楽しみです!
来週は一緒にラブソナタに!!
(この会の主催者が手話通訳で出ます)
日野原先生も講師として出られるはずでしたが
本当に残念です。
神様のみもとに帰られ
祝福と平安が豊かにありますように・・・お祈りします。



    




そしていよいよ先週から手話講習会始まりました。

ずーっと上達ないまま地域の手話サークルに
ほそぼそと通っていましたが
今年度はサークルの役員になったことで
少しモチベーション上がってます。
サークルの中から5人参加。
落ちこぼれないように頑張るしかない!?emoji
来年2月までの長丁場、
修了書をもらえるのに
休めるのは3回までのみ・・・emoji




2016年12月07日 (Wed)
 





クリスマスが近づきましたね〜
手話サークルのお友だちに誘われ、
その方の属される別の手話サークルの
クリスマス交流会に参加させていただきました。
そのお友だち、年齢は85歳、この日の出し物の
一番盛り上がる手話劇のナレーションを
手話で担当されました。
私の周りには、こういう風に歳を重ねたい!
と思わせられるお手本がたくさんいらして、、、
これからの人生の励みになります。
生き生きと活きるキーワードは
好奇心だとつくづく思う今日この頃です。

私の手話は、本当にまだまだと思い知らされemoji
これからの勉強方法を模索しているところです。

                      

2016年10月15日 (Sat)

うちのチョコちゃんと同い年、
体重も大きさもほぼおんなじマルチーズの
女の子ちゃんです。







でもこの子は本当に責任ある仕事を
任されています。
ろう者の耳となる聴導犬。
チャイムやインターホン、お湯の沸いた音
電話や携帯の音を知らせる、時には
危険からも救ってくれます。

今週の手話サークルは、
この子の飼い主さんの講義でした。
聴導犬とともに歩む
盲導犬と違い聴導犬はまだまだ知名度が
低く犬数も少ないですが
これからは耳となるだけでなく
癒される存在として、増えて行くことを
願います。

補助犬には3種類あって盲導犬、聴導犬、
介助犬で、聴導犬は全国にまだ60何頭しか
いないそうです。
訓練には費用がかなりかかり
募金、サポーター会員など是非ご協力を
お願いします、ということでした。

この子は、以前は飼い主さんから虐待を
受け、施設に引き取られていたそうですが
今は現在の飼い主さんから愛情をいっぱい受け
任されたお仕事で、その愛に応えています。

2016年08月29日 (Mon)

今回で3回目の軽井沢手話セミナーでした。
毎年自分の手話スキルの進歩のなさに、
がっかりますが、でもまた来年参加することを
目標に頑張ろうという気持ちになれます。
私の教会から7人で参加。
手話賛美を2曲発表させていただきました。



今年は福岡の教会から、
盲聾の方が参加されていました。
手話を見ることができないので
相手の手話は手で触って読み取ります。
私の拙い手話も触ってわかってくださいました。
点字にすると、聖書は膨大な量になるそうですが、
いつもいつも聖書を読まれていて、
私にはイエス様がいるから何も寂しくも
怖くもないと、、、、、
心もお姿も本当に美しい方でした。



今年もまた感動の三日間、、、、
手話を学ばせていただく機会を
与えていただいたことに
心から感謝します。







2016年05月16日 (Mon)
手話教室のお知らせ。

教会で手話賛美、手話の教室が始まります。
お茶を飲みながら楽しく手話や賛美歌を学びます。

お気軽にお問い合わせください。
直接いらしてくださってもOKです。
もちろん手話が初めての方も大歓迎です!

※手話は1700年台フランスの神父様のもとで生まれました。
 手話は教会から始まったのです。
 その方はパリに世界初めての聾学校を建てられました。





先日こんな場面に出くわしました。

高速バス乗り場で・・・・
聾者の20代くらいの女の子が車掌さんに、チケットを見せて
「なんで??」という手話で詰め寄っていました。
自転車旅行をしているらしく折り畳み自転車を

持っていました。
その女の子の予約したバスなのに、車掌さんは乗っちゃダメ!
荷物を乗せちゃダメ!!

ってジェスチャーで言ってる様子です。

車掌さんに聞くと、連休で臨時便が出ており、彼女の乗るバスは
臨時便の2号車ということで、1号車が出た後来るということでした。
彼女は予約したバスが

臨時便ということを知らなかったのです。
乗車拒否されたと思ってすごく怒っていたのでした。

それを拙い手話で伝えると・・・・
「あ、そうか、わかった、そういうことね。じゃあバスが来るまで待つね。」。
何度もお礼を言われました。

車掌さんもまた誤解が解けたので、「うわあ、助かったよ・・・」と。


同じ日本人なのにね、まだ外国人のほうがちょっとした英語で
それくらい通じると思うけど・・・・
日本人みんながそれぞれちょっとだけでも手話ができれば・・・・
そんなもどかしい思いが頭をよぎったのでした。




1 2  →Next
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 9
10 11 12 13 14 16
17 18 19 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
プロフィール
HN:
nancy
性別:
女性
最新コメント
[06/16 nancy]
[06/08 うさぎ]
[03/09 kabu]
[05/27 kabu]
[06/08 りん]
[12/24 むっしゅう]
[12/15 むっしゅう]
[10/09 むっしゅう]
カウンター
ブログ内検索