· 北京筆記本 travel
2019.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
北京から帰ってきましたが、がんばって細々と続けます。 よろしくお願いいたします。
2019年07月22日 (Mon)
アテネからイスタンブールへ。
アガサクリスティーも泊まったという
レトロでクラシカルなホテル↓


ガラタ塔から街が一望↑↓あちこちにモスク。
明け方はイスラムのお祈りエザンの声の大きさに
圧倒されました。

トプカプ宮殿↓ 広い〜トルコ版故宮って感じ。

アヤソフィアは元はキリスト教聖堂↓
のちにイスラム教モスクへという数奇な運命の建造物。
スルタンも驚嘆したというビザンツ様式の最高傑作。

ヨーロッパとアジアを分けるボスポラス海峡。↓

この日も2万歩超え、サバイバルな旅では
いろんな人に出会えました。

トルコの不思議な魅力にはまる人が多いの
わかります!
例えばモスクや宮殿の中のタイルやモザイクの模様、
東と西の文化の融合した独特の雰囲気、
私が着物や帯の更紗模様に強く惹かれるのに
ちょっと似てるかな?と思いました。

次男の結婚式後の駆け足の旅でしたが、
次回はギリシャトルコ聖書の旅がしてみたいです。
パウロの足跡を追って…みたいな。

本日帰国。
2019年07月18日 (Thu)

ギリシャ民族楽器博物館 (Museum of Greek Folk Musical Instruments)に行ってみました。
普通の家のように静かな場所にひっそりと。
音楽研究家の方が自分のコレクションを
国に寄贈したものだそうで、その数は
1200にわたるとか。
昨日撮ったおじさんの写真を見せて^^;↓

名前が判明!揚琴やダルシマーの原型
サントゥーリ(サントゥール)。

(上はギリシャの楽器↓ブズーキ、下がリラ)

琵琶のような擦弦楽器はリラ(リュラ)
本来は古代ギリシアの竪琴(撥弦楽器)だったものが
撥弦楽器だけでなく似た形状の弓で弾く擦弦楽器も
こう呼ばれるようになったとか。

芸術品のような楽器も。

いろいろ博物館の方にしつこく聞いたせいか、
出た後に追いかけてきて
この楽器のカードをくれました!

楽器のルーツや変遷、深いですね。
2019年07月17日 (Wed)
サントリーニからアテネへ
ひたすら歩いた一日。2万歩超え。
明日が心配(><)

 
アテネではあちこちから音楽が聞こえてきますが、
アクロポリスに向かう途中では
こんな楽器に遭遇。揚琴?琵琶?

2019年07月15日 (Mon)





息子の結婚式でサントリーニ島に。
この景色に言葉はいらないですね。
何年振りかで家族全員揃いました。

2018年12月28日 (Fri)
今年もあと数日。
慌ただしい忙しい一年でしたが、
充実の一年でもありました。

札幌・小樽へ。
家族3人で美味しいものを食べて、
慣れない雪道の歩き方のコツもわかってきました。
友達にも会えました。
街はクリスマスから新年の準備へと変わります。

今年もこの拙いブログにお立ち寄りいただき
ありがとうございました。
来年で8年目になります。早いな〜(^◇^;)
今後もなんとか細々と続けていければ‥と思ってます。
どうぞよろしくお願いいたします。

どうぞ良いお年を。

1 2 3 4 5 6  →Next
カレンダー
07 2019/08 09
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 8 9 10
11 12 13 14 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
アーカイブ
プロフィール
HN:
nancy
性別:
女性
最新コメント
[02/02 nancy]
[02/01 kabu]
[06/16 nancy]
[06/08 うさぎ]
[03/09 kabu]
[05/27 kabu]
[06/08 りん]
[12/24 むっしゅう]
カウンター
ブログ内検索