· 北京筆記本 二胡
2019.12│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
北京から帰ってきましたが、がんばって細々と続けます。 よろしくお願いいたします。
2019年11月26日 (Tue)
今月もいろいろな場所で弾く機会をいただきました。
今回で3回目(今はなき)実家の近くの教会で。

前日特訓で頑張りました!
練習不足な私たちの演奏を
教会の皆様、本当に暖かく見守ってくださいました。
過去2回にはなかったアンコールも(^◇^;)
故郷の二胡友にも感謝、教会の皆様にも感謝!!
また来年もお誘いいただけると嬉しいです。
夏頃から3人のアンサンブルグループで
いろいろな場所で弾かせていただいてますが、
特に先週はカフェでの「お酒ないと」で。
夜は慣れないためにあたふたしましたが、
こちらでも二胡という楽器に興味を持っていただき、
皆様目も凝らして一生懸命に聴いてくださいました。
施設のボラ演奏ではありえないような至近距離(・・;)
自分勝手に弾く二胡から
心を合わせて、ハーモニーを楽しみながら、
誰かのために弾く二胡に。
そんな余裕が少しずつ増えていくといいな、
と思いながら。
録音を聴くとまだまだその余裕は‥(・・;)
メンバーにも(>人<;)ごめんね!
でもほんの少しずつでも‥


2019年10月22日 (Tue)

素敵な会がありました。

ジョージガオさんを招いた交流会です。
オリジナル二胡韶琴で少年のように
二胡と戯れる様子に音楽の原点を見た気がしました。

音楽はplay 楽しまないと!
心に残る言葉でした。

2019年10月04日 (Fri)
いろいろなところから依頼?され
先月は二胡を弾く機会をたくさんいただきました。
教会で、カフェで、介護施設で。

自分の至らなさを痛感しつつも
どんな状況でも助けてくれる二胡友に感謝。
自分も楽しみ、ハーモニーも楽しみ、
聴いてくださる皆さんと一つになりながら
演奏することを目指して、精進します!
2019年07月27日 (Sat)
旅行から帰って間も無くコンクール。
その敦煌杯が終わりました。
ほっと一息。

昨日はその記念コンサートでした。
孫凰さんの演奏は日本では初めて聴きました。

2012年北京での胡琴芸術祭↓
このときは于紅梅さんが主役、
孫凰さんはゲスト的なイメージでしたが。
昨日のコンサートでの演奏は圧巻。
ため息と賞賛の嵐。

あら?この時の衣装と上のチラシの衣装は同じ?
お気に入りかな??




2019年06月22日 (Sat)
北京在住の二胡制作者辜存雄先生が
来日、二胡のメンテナンスをしてくださいました。
辜存雄氏のお名前はかなり昔から知っていました。
北京の楽器屋さんで辜氏制作の二胡を時々見かけ、
当時はユニークな二胡を作る方‥
というイメージでした。

2016年の上海楽器博覧会、古い二胡の皮を
張り替えていただいたことでご縁ができ、
去年は工房にもお邪魔しました。
そこで今の中胡に出会い♡
北京楽器博
工房訪問


メンテナンス後ご飯を食べながら楽しい時間を。
一緒に来日されたメンテナンス専門の方は
なんと許昌出身。
曹操が都を移した許昌、
十数年前三国志迷の息子と訪れました!
三国志好きにとってはたまらない場所なのでした!!
その話でも話が弾んで、、、
ビールがすすみました(><)


私の中胡も生みの親に会えて
さぞかし喜んだことでしょう!
何より辜氏は音色を追求する努力を惜しまず、
木や蛇皮、すべての自然の恵みに感謝し
胡琴を作ることを天職と感じていらっしゃいます。

そんな制作者さんの思いに恥じないよう
大切に育てないと!!





1 2 3 4 5 6  →Next
カレンダー
11 2019/12 01
S M T W T F S
1 2 3 5 6 7
8 9 10 11 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
アーカイブ
プロフィール
HN:
nancy
性別:
女性
最新コメント
[02/02 nancy]
[02/01 kabu]
[06/16 nancy]
[06/08 うさぎ]
[03/09 kabu]
[05/27 kabu]
[06/08 りん]
[12/24 むっしゅう]
カウンター
ブログ内検索