· 北京筆記本 きもの&お茶
2018.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
北京から帰ってきましたが、がんばって細々と続けます。 よろしくお願いいたします。
2018年08月07日 (Tue)
台風の影響でちょっとしのぎやすかった今日、
友だちと浴衣でランチに行ってきました。
浴衣だとお土産付きです(笑)
ランチの後は二十五弦箏本間貴士さん、
尺八瀧北榮山さんによる、演奏も。
二胡とのコラボで尺八は時々聞きますが、
いろいろなジャンルに合うその音色の幅に
びっくりです。
箏はおとなしいイメージが180度変わる
そのダイナミックで激しい演奏、引き込まれました。
本間さんは作曲家でもあるそうで、
流れるような指の動き、
しなやかな体の動きには見とれてしまいました。



中国では、琴と箏は区別されますが
日本ではきちんと区別がないですね。
琴は古琴とも言われ7弦、
3000年前からあったそうで、諸葛亮孔明の空城の計で
孔明が弾いたエピソードはあまりにも有名、
孔子も好んで弾いたということですが
日本ではなぜか衰退しています。
中国では楽器店には必ずあり、
持ち運びも簡単にできます。

日本人がなぜか中国の二胡にハマる‥
素晴らしいことですが
和楽器もどんどん頑張って欲しいです!

2018年07月21日 (Sat)
暑い暑い(;´Д`A本当に暑い!
でもお茶の日は着物と決めているので
何が何でも着物です(><)

小千谷縮に博多紗献上
保冷剤なども隠し入れ‥なんとか。
麻の襦袢に小千谷縮で、意外にも
風が通って、日陰だと涼しかったです。



昨日のお稽古は、茶箱。
利休さんが野駆けのお茶会を催したときに、
点前道具を茶箱に仕込まれたのが
茶箱の始まり‥言われてるそうです。
茶箱には卯の花点前、花点前、雪点前などありますが、
この日は雪点前、茶箱可愛くて大好きです。



常に着物仲間を募集していますが、
着物が好きだけどなかなか踏み切れなかった友達、
今では一緒にお茶のお稽古に通い、
最近では私より着物にハマってしまってしまい
教えてもらうことも多いです。

そして娘の幼稚園の時からの友達も
着物仲間に!!!
今は沖縄在住ですが、着物を介して
いろいろやりとりができるのは、本当に嬉しい限り。
彼女もまたすっかり着物通になっって
置いて行かれないよう頑張りますᕦ(ò_óˇ)ᕤ

沖縄から今年も送ってくれました〜\(^o^)/
ありがとー!!
2018年07月07日 (Sat)
今月1回目のお茶。
あいにくの大雨で蒸し暑い天気。
仕方なく濡れてもいいように、
東レシルックに雨コート。
シルックと言えども所詮
洗える着物は化繊、絹とは違う。
雨コートを着ると熱がこもって、暑すぎーーーー!
先生は無理して着物着てこないでも大丈夫よ、
と言ってくださるけど、
私も友だちも、雨でも雪でもお茶の日は
着物と決めているので、何が何でも着物です!!

この日は名水立て、お花はムクゲ。


前から欲しかった小千谷縮、
表参道の行きつけのリサイクルショップで
試着して、夏博多とともに購入。
次回のお茶はこれで涼しく!!
この暑さ、じゃぶじゃぶ洗える麻の小千谷縮なら
なんとかしのげそうです。
リサイクルショップと言っても七緒にも
取り上げられるおしゃれな店、
この小千谷縮も新品です。

こちらはお店のブログから拝借。
明るい色もあったけど、
ちょっと江戸小紋行儀にも見える渋いものに。
でもチェックなので渋みの中にも可愛さが!
オフホワイトの博多紗献上を合わせると
写真と雰囲気違って爽やかでした。

2018年06月17日 (Sun)
梅雨ですね〜
今月2回目のお茶のお稽古も
帰りはかなりの雨に降られました。

この日のお稽古、紫陽花尽くし。
このお茶碗もこの季節だけと思うと
愛おしい気がします。


雨紫陽花の銘のこの主菓子は
葉っぱも紫陽花の葉かと思うと、
葉には毒があるんですって。
なので何の葉っぱがわかりませんが、
紫陽花の葉ではありません。
花を虫から守るために毒がある?と
綺麗な色の紫陽花を見て、そんな風に
想像してしまいました。



着物か帯も紫陽花と行きたいところだけど
逆に季節のものは着る機会が少なく
レパートリーに入れるのは
なるべく避けているので‥(ノ_<)
主人の母の単衣の紬に、秋草の絽綴れの帯です。
紫陽花の帯、憧れます♡
藤岡組紐さんの帯締め、本当に重宝です!!

あ、半襟はマナー違反、でもゆるい先生なので
色柄の半襟や、ピアスは黙認してくれてます^^;

2018年06月02日 (Sat)
6月〜!!

お菓子は水無月。
※6月の和菓子の代表ともいうべき「水無月」です。水無月は白の外郎生地に小豆をのせ、三角形に包丁された菓子ですが、それぞれに意味がこめられています。水無月の上部にある小豆は悪魔払いの意味があり、三角の形は暑気を払う氷を表しているといわれています。

お花はは芍薬です。


待ちに待った単衣の季節となりました!
この日のお茶の着物は‥
絽ちりめん。
絽と言っても、絽ちりは単衣と同じ扱いなので
6月からでも大丈夫。
この着物は主人の母が反物で残していたもので
それを仕立てました。
ちょっと地味ですが、手持ちの帯に結構合います!
左は絽綴れ、右は夏物ではないものの、
和紙も入っていて、見た目麻っぽいので
この日はこの帯に。

伊賀の藤岡組紐さんの帯締め、
高価ですが、本当に合わせやすく締めやすい!
夏物ではないものの、涼しげで気に入ってます!!
左右の色が微妙に違うのも、何にでも合う秘訣です!


1 2 3 4 5 6  →Next
カレンダー
07 2018/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31
アーカイブ
プロフィール
HN:
nancy
性別:
女性
最新コメント
[02/02 nancy]
[02/01 kabu]
[06/16 nancy]
[06/08 うさぎ]
[03/09 kabu]
[05/27 kabu]
[06/08 りん]
[12/24 むっしゅう]
カウンター
ブログ内検索