· 北京筆記本 すごすぎてくらくら・・・・
2017.10│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
北京から帰ってきましたが、がんばって細々と続けます。 よろしくお願いいたします。
2013年04月25日 (Thu)
中国音楽学院の留学生の方に
24日から開催される中国音楽学院の中国弓弦芸術祭のことを教えていただき
一日目の今日(もう昨日ですね)の「名家名曲音楽会」の
チケットまでいただきました
ありがとうございました~~



で、行ってみないとプログラムはわからなかったのですが・・・・


そのすごい顔ぶれに感動するやら、凄すぎてめまいがするやら・・・

司会は宋飛さんと葡萄熟了作曲で有名な演奏家周維さん、
演奏者は、趙寒陽、鄧建棟、于紅梅、周維、朱昌耀、宋飛、劉長福(敬称略)ほか・・・
それぞれの方の代表的な曲を演奏してくださいました。

司会の周維さんは・・・

文学に長編小説、短編小説などいろいろバラエティーがあって面白いように
中国も広いので、土地それぞれのそれぞれの趣があります。
今日の演奏会が素晴らしいのは、それぞれの場所の特徴を
言葉で説明する代わりに二胡で表現している、というところではないでしょうか?
(ちょっと忘れたけど、そんな感じのこと?)と・・・
この感覚は日本人にはなかなか理解するのは難しいかも・・・

表現もさることながら、その音色に、すっかり酔いしれ
やっぱり二胡は自分で弾くものじゃなく、こういう人たちの演奏を聴くものだ~
と逆に自分はすっかりやる気をなくしてしまいました。
そこまで衝撃的な素晴らしい演奏でした。
中でも憧れの鄧建棟さんの演奏を実際に聴くことができ感無量です


北京の良い思い出になりました(ノ_・、)。・゚゚・(>_<;)・゚゚・。

明日は国家大劇院にやはりこの弓弦芸術祭の一環である
宋飞与北京交响乐团二胡交响音乐会(宋飛と北京交響楽団音楽会)を
聴きに行ってきます!!

この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
無題
本当にくらくらする面々ですね。羨ましいです。
しゃおちん 2013/04/26(Fri)19:49:12 編集
Re:無題
しゃおちんさん
コメントありがとうございます。
本当に贅沢な演奏会でした。
ずっと心にとどめておきたいと思います(T ^ T)
【2013/04/26 23:30】
←No.203No.202No.201No.200No.199No.198No.197No.196No.195No.194No.193
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 4 5 6 7
8 9 10 11 12
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
プロフィール
HN:
nancy
性別:
女性
最新コメント
[06/16 nancy]
[06/08 うさぎ]
[03/09 kabu]
[05/27 kabu]
[06/08 りん]
[12/24 むっしゅう]
[12/15 むっしゅう]
[10/09 むっしゅう]
カウンター
ブログ内検索