· 北京筆記本 朝鮮王朝最後の皇太子妃
2017.08│ 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31
北京から帰ってきましたが、がんばって細々と続けます。 よろしくお願いいたします。
2011年02月24日 (Thu)
景福宮、宗廟、昌徳宮と回りましたが、
どこも言語(英語、中国語、日本語)ごとのガイドさんがいて
案内してくれる時間が決まっています。
その中の世界遺産の昌徳宮。
前回は日本語の時間が終わっていて中国語の案内時間に入ったけど
もうひとつよくわからないまま・・・・
今回はちゃんと日本語で案内してもらいました。



 昌徳宮(チャンドックン)は1405年に、正宮である景福宮(キョンボックン)の離宮として建てられた宮殿です。文禄・慶長の役ですべての宮殿が焼失しましたが、1615年に第15代王・光海君(クァンヘグン)が再建し、景福宮が再建されるまでの約270年間、正宮としての役目を果たしました。朝鮮時代の宮殿の中で王が最も長く住んだ王宮です。
 ほかの多くの王宮が戦争や火災、あるいは植民地時代の日本の支配によって本来の姿を多く失っているのに対し、昌徳宮は保存状態がよく朝鮮時代の趣や生活様式を色濃く残しています。自然との調和のとれた配置が卓越した点から、1997年にはユネスコ世界遺産にも登録されました。


    


今回ここに1989年87歳で亡くなるまで住まわれた
朝鮮最後の皇太子妃李方子さまのことを詳しく聞かされ
その時代に翻弄された人生をお気の毒に思う一方で
深く感銘を受けました。
今まで何も知らなかったこと、日本人として申しわけなく思ってしまいました。
  

 李方子さんは梨本宮家の第1王女として生まれ、裕仁親王(後の昭和天皇)のお妃候補として名前があがったこともある。日本が韓国を植民地下に置いた1920年、当時日本に人質同然に暮らしていた李垠殿下と結婚した。「内鮮一体」を進めるための2人の意思と関係なく決められた政略結婚だった。そのため「悲劇の王女」とも呼ばれた。
 李垠殿下は10歳で(人質として)日本に渡り、学習院、陸軍士官学校に進み、陸軍中将になった。戦後は王族の身分を失い、李方子さんも皇籍を離脱。日本で生活した後、韓国に渡って李垠殿下と再出発。身体障害者や知的障害者のための施設を運営するなど、福祉事業に後半生を捧げた。70年に李垠殿下は73歳、89年に李方子さんが87歳で死去した。
東洋経済日報より
                           

父親の高宗が日本の横暴を訴える密使を万国平和会議に送ったことが
伊藤博文の逆鱗に触れ、李垠殿下は、11歳の時留学と称し
実際は人質として日本に連れてこられたそうで、高宗の
「どんなことがあっても、それを表にださず、
時節がくるまで耐え抜くように」
という教えを守り、血は韓国人でありながら、日本の軍服を着、
常に日本に監視されている状態においても
誰から見ても日本の理想の皇族のようにふるまわれたということです。
昭和38年お二人で韓国で生活することを許され韓国に帰られました。
李垠殿下に韓国国民は同情的であり、
その李垠殿下を支えてくださった方子さまに韓国国民は温かく接したそうです。
お二人の結婚は政略結婚でしたが、歴史の犠牲者という点で同じ立場という点からなのか
とても仲むつまじく、殿下亡きあとも方子さまは殿下の故国である韓国で
殿下の意思を継ぎ福祉事業を行ってこられたそうです。

この場所で晩年を過ごされましたが
他の建物と違い壁や柱に色を塗っておらず
質素なたたずまいです。





 彼女の福祉活動はとくに有名で、知的障害児や肢体不自由児などの
後援活動をする為に七宝焼きが趣味だったこともあり、
ソウル七宝研究所を設立、自作品やほかにも絵画などを販売して
知的障害児施設の「明暉園」と知的障害養護学校である「慈恵学校」を
設立しました。
 そして、功績が認められ1981年には韓国政府から「牡丹勲章」
が授与されたそうです。
 また、終戦の混乱の中、韓国に残った日本人妻の為の在韓日本人婦
人会「芙蓉会」の初代名誉会長をするなど、日韓の架け橋、そして
韓国の母となるべく努力をされた方です。

  


世界遺産宗廟には
永寧殿の向かって一番右側(東側)にはお二人が祀られています。

    

近くて気軽に行ける韓国だけど
まだまだ日本人として知るべきことがたくさんある・・と痛感しました。




この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
難しいです
難しく重いテーマです。
さかのぼって 歴史を変えられたらと思います。
何も コメントできない 自分が恥ずかしいです。
キングトム 2011/02/24(Thu)12:57:29 編集
届いていますか7
このコメント届いていますか
徹底していますね。まいりました。
もう連絡とる手段ありませんね
6月やはり 中国に行きます
キングトム 2011/02/25(Fri)09:14:46 編集
無題
キングトムさん
ご心配ありがとうございます。
アメブロも書いてますが
このブログはアメブロではないので被害はありません^_^;
これから規制はますます厳しくはなるようですが・・・。
大変申しわけありませんがオンラインはオンライン、
オフラインとは別にしていますので
あしからず。
nancy 2011/02/25(Fri)09:59:36 編集
←No.15No.14No.13No.12No.11No.10No.9No.8No.7No.6No.5
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 12
14 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
プロフィール
HN:
nancy
性別:
女性
最新コメント
[06/16 nancy]
[06/08 うさぎ]
[03/09 kabu]
[05/27 kabu]
[06/08 りん]
[12/24 むっしゅう]
[12/15 むっしゅう]
[10/09 むっしゅう]
カウンター
ブログ内検索